病院   

e0165577_105640.jpg

キャンプレポが途中ですが、
昨日は、ニキ子の病院でした。
先週21日の免疫治療の時に、
今後の抗がん剤についての提案が先生からありました。

前回(7月31日)にロムスチンを20から30mgに増やしたら、
明らかに腫瘤が小さくなった。
一週間後の血液検査では肝臓の値も正常だったので、
「これでいけるか?」って感じだった。
でも、飲む度に発熱し、息も荒くなり、グッタリ。
大好きなご飯もあまり食べられなくなり、
じっと耐えてる苦しそうなニッキーを見ると、
どうしても複雑な思いにとらわれる。
先生には、副作用のことや、揺れる気持ちを伝えてあるので、
先生も、「ニッキーには、ロムスチンはきついのかもしれませんね。
薬を変えてみる方法も考えましょう」と、かねがねおっしゃっていた。
しかし、しかし・・・。
30mgでも、ある程度の効果があり、肝臓の値も問題なしだったので、
4回めも、ロムスチンで行こうと予定していた。
ただ、ロムスチンを投与すると、
なぜか2、3日後に前足イタタが起こる。
先生は、「それは薬とは無関係でしょう」と断言されるけど、
毎回、判で押したように起きるので、
私は内心「???」。なにかあるような気がするんだよね。

前回投与後には、しつこく痛がって跛行していたので
ガンが骨に浸潤して、病変骨折が起こってる可能性があることから、
鎮痛剤を飲んでみて、もしおさまらなかったら、
一週間後にレントゲンを撮ることになっていた。
幸い、鎮痛剤が効いて2、3日で足もつけるようになってひと安心、
3回目の投与から3週間後の8月14日、
ロムスチン投与予定日に血液検査をすると、
肝臓の値が上昇しており、
白血球の値が正常値ギリギリだったことから、投与延期。
肝臓薬を一週間飲むことになった。

一週間後の21日には、肝臓値は正常範囲内に戻ったけど、
クレマチンの値がまだ悪くて、貧血が多少あり。
投与には問題ない範囲だけど、
今までのニッキーの(副作用の)症状を考えて、
次の投与では抗ガン剤を変えてみますかってことになったわけです。
で、昨日、28日。
予定通り、ロムスチン以外の薬を投与することになり…。

血液検査の結果を見ると、まだクレマチンの値が悪いままなので、
白血球に影響を与えるオンコビンはやめて、
エルアスバラキナーゼを投与することになった。
2つとも、主にリンパ腫などに使う抗がん剤だけど、
輸入薬のロムスチンは、日本ではまだ無認可なので、
大学病院では組織球症にもこちらを使うことが多いと先生がおっしゃっていた。
ニッキーの組織球症にも効いてくれるといいな。
副作用もあまり出ないといいな。

本人は、大好きな病院でウハウハ。
でも、注射するときは、ヒ~ンッて泣いて、
先生に「あれ?そんな痛いことないはずだけどなあ」って
笑われちゃいました。(^^;)
帰宅後のニッキーは、絶好調で、ご飯も完食(^○^)v
[PR]

by nori1n3a | 2009-08-29 10:05 | ニッキー | Comments(2)

Commented by kura_yang at 2009-08-31 00:58
メルモも抗ガン剤が変わりました。
オンコビンの方です。
今のところこっちも副作用のような変化はナシで元気元気♪
ニッキーちゃんはどうですか?
副作用出ないといいね。
お互い新しい薬でガンバロー!
Commented by nori1n3a at 2009-08-31 11:24
kuraやん。
メルちんも、お薬が変わったんだね。
元気、元気が一番だよね。(^o^)
ニキ子も、今のところ、まったく変化なしなので
大丈夫そうだよ。
やっぱりロムは、
ニッキーにはちょっと強すぎたみたい。
ご飯もガンガン食べてます。
お互いに、がんばろうね~!!

<< 北軽キャンプ続き キャンプの続き。ニッキー上機嫌。 >>